とねじいじの かぼちゃ会17

ヒトが伸びるプロジェクト
有効な体験と環境を考える

春秋こぼれ話

置き忘れたポーチがもどった!

 コロナ禍続くなか、神奈川まで車で移動しました。春に更新したパスポートの受取期限が迫っていたからです。受領は本人に限るとのことで、家族に頼むこともできませんでした。
 本来ならばオリンピック開会式で盛り上がった7月24日(スポーツの日)、長野県大町で昼のおそばをたらふくいただき、長野道みどり湖パーキングで休憩をとりました。食後30分で眠気もピークとなり、ベンチで横になるのもいつものことでした。ほどなく再出発、長野道から中央高速に入ります。次の休憩は、境川パーキングでした。車を止めて、はて…ポーチがありません。あっ!みどり湖で忘れた!あまりの眠さにポーチを枕にしていましたが、そのまま置いてきたのです。お土産に買った名物山賊焼きパックだけ持ってきたのです。ポーチには財布、カード、免許証、保険証、携帯、手帳、妻が届けてくれた特別給付金10万円まで入れていました。この大事な物を忘れたのです。あわてて売店にとび込み、事情を話したところ、男性の係の方がみどり湖に電話連絡をとってくれました。そして…、届いているとのこと、何よりほっとしました。持ち去られたら、様々なめんどうな手続きと時間・経費を要するところでした。車で家に戻ることすら、ままなりません。まずは境川からみどり湖まで戻り、ポーチを無事いただきました。再び境川に寄って先ほどの係の方にお礼と報告をし、3時間遅れで神奈川の家に到着です。安堵しました。
 冬のスキー場にいても、お客さんが携帯や車のキーなどを拾って届けてくれることがよくあります。その都度、大事な物がもどったお客さんの喜びがよくわかります。今回、自分がその立場になって、さらにそのありがたさが実感できました。拾い物は、本来の持ち主に返すものと考えている人々のよさ。日本の文化・教育の素晴らしさ、日本に暮らす幸せをかみしめる夏です。みどり湖のベンチでポーチを見つけ、届けてくださった方、誠にありがとうございました。(20.08.01 №41)
みどり湖P 善意の方に感謝です

これまでの記事

2020.04.01
リニューアルかぼちゃ会17です。
日本の教育100選、ご推薦情報をお待ちしています。

2019.07.01
ミニかぼちゃ2019年モデルができました。

2018.07.01
第2章のテーマは「食と祭り」となりました。

2018.03.01
ご希望の方に、ミニかぼちゃをお送りします。(頒布終了しました)

2018.01.01
2018年 かぼちゃ会17の第二ステージが始まります。


2017.04.01
かぼちゃ会17がスタートします 。

お問い合わせ

PAGE TOP